2018/05/26 懐かしの苗場

写真は警察官だった父親が南魚沼六日町署に勤務していた頃、苗場スキー場(当時は苗場国際スキー場)に警備に行った際に撮影したものである。多分1964年の東京オリンピックの頃だと思う。
アングルからして今はなき白樺ゲレンデ側から撮影しているはずである。

まだプリンスホテルもワールドカップロッジも影も形もない。
筍山の頂上まではゴンドラもリフトも伸びておらず、大斜面コースもまだ存在していないのではなかろうか。
三角屋根の苗場スキーハウスは当時苗場で一番目立つ建物だったな。
確かワールドカップロッジは日本で最初に開催されたアルペンスキーワールドカップのために建てられた施設であったはずである。調べてみると開催年は1973年の3月。それまで苗場国際スキー場内の宿泊施設は、この写真正面にある三角屋根の苗場スキーハウスしかなかったように思う。苗場スキーハウスの裏にある四角い建物は確か従業員宿舎であったような記憶がある。苗場スキーハウスは17号線と平行して南北に伸びる細長い建物で、内部は中央のラウンジの左右に細長い廊下が一直線に伸び、廊下に沿って二段ベッド、ベッドと言っても2畳敷ほどの畳のスペースで、ここにせんべい布団を敷いて雑魚寝をするわけである。一区画大人3人くらいまでは横になることができた。食事はどこで何を食べたのかまったく記憶はないが、多分中央ラウンジにあった売店で菓子パンか何かを買って食べたんだと思う。

ここで我々の下の段を使っていた外人さんに声をかけられたのが、はじめての外人さんとの(英?)会話であった。これはよく覚えている。何度も何度もジェスチャーをまじえて聞き返し、ようやくおぼろげながら分かったのは、ベッドに食べ物を持ち込むのはこの宿の規則に違反しないか?ということであった。外人さんが手に持っていたのも菓子パンと牛乳だった。

米軍の兵隊さんと思われる短髪の若い人(当時、短髪の若者と言えば軍人さんか職人さんかその筋の人くらいであった)だったが、味も素っ気もない兵営のような造りの建物で、厳しい軍規を思い出したのであろうか。これは多分1972年頃の話だったと思う。ベトナム戦争の年史でみると、解放軍が南ベトナム全土で大攻勢を開始し、米軍が北爆を激化していった年である。当時のニュースでは北ベトナムのジャングルがナパーム弾で焼き尽くされる映像と、大規模化する反戦運動の映像が繰り返し繰り返し流されていた。まさにその反戦運動の怨嗟の標的である米軍の、私とほとんど年齢も変わらないと思しき若き兵士、菓子パンをここで食べてもいいのかと問いかける姿、薄暗い室内に一条スポットライトが照らされたように、はっきりとした思い出として残っている。

北爆開始の1972年は札幌冬季オリンビックの年でもあった。(あのカールシュランツ事件、アマチュアリズムが決して清廉、公平なものではなく、貴族の特権と独善の上に成り立っているということを白日の元に晒したという意味で歴史に名を刻んだ大会である)、そして翌年1973年苗場での日本最初のアルペンスキーワールドカップ。
1973年のアルペンシーンといえばイタリアの英雄グスタボ・トエニ全盛の頃、スウェーデンのインゲマル・ステンマルクが新星の如く登場するのはその翌年であったか。

このあたりから「私をスキーに連れてって」(ユーミンの歌の影響で勘違いされている方も多いようだが、ロケ地は苗場ではなく志賀と万座である)でお馴染みのバブル期に向かって、日本のスキーブームは絶頂期を迎え、平成バブル景気の衰退とともに、うたかたの如く消えていったのである。
なんとも寂しい限りである。若者たちよ、「彼女をスキーに連れてってくれ」。
お願いします。


2018/01/13 オリエンタル マースカレー

今年最初の土曜出勤である。
昼は「オリエンタル マースカレー」のレトルト。
ライスは家から持ってきた。

マースカレーをオリエンタルのサイトで調べてみると発売は昭和37年、マース(MARS)とはMango、Apple、Raisin、Spiceの略語らしい。と言ってもスパイシーさはほとんどなく、フルーツのせいか、かなり甘口で、福神漬がいらないくらい。昭和30年から40年当時のカレーといえば、玉ねぎ、人参、じゃがいもに肉の薄切りがひとつふたつ浮かんで、あとはカレー粉の味のみという、懐かしいけど今と比べれば味も香りも単調なものだったような気がする。そこにこのフルーツの甘さをコンセプトにしたカレーが登場したわけで、1年後に「りんごとはちみつ」の甘口のバーモントカレーが発売されたことにより子供も巻き込んでカレーライスは一大国民食へと発展したわけである。

小学生時分、オリエンタルのコマーシャルで記憶にあるのはマースカレーではなくオリエンタル即席カレーのもので、白黒のテレビから盛んに流れていた「君知るや〜君知るや〜オ〜リエンタルカレ〜」は今でも耳に残っている。

後に南利明のCMで一世を風靡した「ハヤシもあるでよ」はマースカレーではなく、オリエンタルスナックカレーというレトルト商品で、1969年(昭和44年)以降のものである。因みにスナックカレーはCMの大人気にも関わらず販売期間5年間の短命に終わった商品であったそうな。

当時の即席カレーは粉末だったように記憶しているが固形のカレールウも意外に早くから商品化されていたようである。
固形ルウの一般家庭への普及とともに肉と思って口に入れるとカレー粉のかたまりでがっかりするということも徐々になくなっていったような気がするがどうであろうか。

ハウス食品のサイトによれば「昭和25年朝鮮動乱勃発のこの年既に日本初の固形カレールウ登場。この年にカレーメーカー各社(エスビー、ベル、キンケイ、テーオー、オリエンタル、蜂、メタル、ハウスなど)の製品が出そろった」とある。

ベル、テーオー、蜂、メタルなどあまり馴染みのないメーカーだが今でも商品を出しているようなので、味噌やソース同様ご当地カレーと言えるのかもしれない。今度旅先で見かけたら買ってみよう。

当時はしゃれた厚手の煮込み用の鍋などなかったから黄色いアルマイトの鍋で味噌汁から煮物からすべて作っていたものである。
あの薄いアルマイト鍋で材料を炒めると、最近のしっかりした板厚の鍋で炒めたものとは立ってくるにおいが明らかに違って、薄い板金を通して直火に近い状態で熱せられた油の香ばしい匂いというのか、それが汗まみれで遊びまわる子供らの食欲をおおいに刺激したものだった。

マースカレーから昭和のカレー事情に思いを馳せる昼飯時である。