2013/12/31 草津湯菜の宿 杓凪華(しゃくなげ)

我が家の「正月を温泉で過ごす」第二弾は草津温泉
kusatsu31
上野から特急「草津31号」。吾妻線の「長野原草津口駅」まで直通運転

cassiopaia03
昨晩札幌を発ったカシオペアが上野到着

cassiopaia01

cassiopaia02
いつかは乗ってみたいぞ。

yubatake
大晦日の湯畑

宿は「湯菜の宿 杓凪華(しゃくなげ)」
草津の中心「湯畑」からスキー場に向かって徒歩20分。
中学生以下の子供はNGで、全9室のこじんまりとした宿
正月なのに宿泊客は我々だけかと錯覚してしまうほどの静けさ。

当方、昨年末から喉のいがらっぽさを感じ、元日に風邪のピークを迎えたため、
滞在中、宿の外に一歩も出ること無く、寝て過ごした。
そんな身の上に、この静けさは何よりありがたい。
室内も館内もすべて暖房が行き届きポカポカなのもうれしい。
日本旅館だと結構高級な宿でも薄ら寒かったりするので、

熱っぽく食欲もいまひとつであったため、食事の感動はなかった。
従って評価は控えて、写真のみをアップする。
01kyabetsu
生のキャベツが必ずつく。
熱っぽい舌にひんやりしたキャベツが心地よい。

01menu
大晦日夕食メニュー

01zensai

01chawanmushi

01sashimi

01mutsu

01mochibuta

01soba
メニューにはない、そば

01sukiyaki

01buri
本日のきまぐれな一品は「ぶり大根」
気まぐれな一品と銘打つには意外性が少し足りないか。

01meshi
↑以上、大晦日夕食(他にデザートあり)

01asa_menu
元日朝食メニュー

01asa
↑元日朝食、センターはデザートのみかんゼリー、左端は豆乳鍋。

02kyabetsu
二日目もキャベツ。ひんやり

02menu
元日夕食メニュー

02zensai

02owan

02sashimi

02nigiri

02iwana

02steak

02nabe

02wakatake
本日のきまぐれな一品は「若竹煮」
以下、前日参照

02okashi
↑元日夕食
お菓子は餡子とお餅にきな粉がかかったものとイチゴ

03asa
↑2日朝食
中央の大きな黄色はダシ巻き卵、
ダシ巻きは味が淡白すぎて朝飯には向かないような気がします。
甘いかしょっぱいか味のはっきりした卵焼き希望。

03lounge
↑子供NG。全9室。静かな時が流れます。
因みに、湯畑界隈は風向きによっては強烈な硫黄臭に辟易しますが、
当館のお湯は塩分あれど完全なる無臭にして無色透明であります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。