月別アーカイブ: 2014年6月

2014/5/31 8Kスーパーハイビジョンを見に行く

8Kスーパーハイビジョンというものを見に世田谷区砧のNHK放送技術研究所に行く。
_DSC1393
8Kとはハイビジョンの16倍という極めて高精細の映像が表現できるテレビのことである。

実際に8Kの大画面の前に立ってみると、あまりにも期待が大きすぎたせいか、普通の風景映像ではそれほどの感動はなかった。

私の場合、ひどい近眼に加えて老眼のため現実世界でも中空の一点しかピントが合わない、画面から少しでも離れてしまうとピントがぼけて1Kとの違いがわからなくなる。

しかし、そんな私のガチャ目にも8Kが真価を発揮するのは真っ暗闇の中に浮かび上がる照明に照らし出された物体や静止画カメラでよくある手前ははっきりと背景がぼけているような画像。

それを8Kカメラでパンすると2Dにも関わらず、不思議なことに立体映像となる。これは初めての体験である。

おばさんの頭がジャマしているが、下のムービーの1分45秒あたりの手前の紅葉と後ろの女性が立体的にパンしているのがYoutubeの画質でもある程度分かると思う。
1分15秒あたりに祭りを見学する大群衆と家並をロングで撮影したシーンがあるが、画面に顔を近づけるとひとりひとりの表情まで認識できるほどであった。

用賀駅から砧公園をつっきって炎天下を歩くこと30分、帰りは二子玉川まで40分以上、駅に着いた時は軽い脱水症状となる。
昼飯は盛りそばに竹輪天。
_DSC1394