月別アーカイブ: 2015年12月

2015/12/19 大阪名物串カツ 二度づけ禁止

会社帰り、忘年会もかねて、尾山台駅からほど近い環八沿いにある串カツ屋「田中」。
近くにある都市大の学生さんが多い。

「さいぼし」馬肉を干したもので大阪羽曳野名物とメニューに書いてある。にんにくまたは生姜醤油で食べる。
saiboshi

「もつ炒め」いわゆる丸腸をいためたもの。美味しいけど脂が気になります。そんな人は注文しちゃダメ。
motsuitame

串揚げ(レンコン、アスパラ、玉ねぎ、豚肉の串カツ、牛肉の串カツ)。サクサク上手に揚がってます。
kushi

ポテトサラダ、すり鉢に茹でたじゃがいもとゆで卵にマヨネーズがかかって出てくる。擂り粉木(すりこぎ)でお好みの粗さにつぶして食べる。
potato

串揚げ(バナナ、クッキー(オレオかな?))、ハーシーのチャコレートシロップをかけて食べる)??
kushi_sweets

大阪名物カスうどん。グーグルで調べてみると大阪南河内地方の名物とあるから、やはり羽曳野界隈のものか。
牛の小腸を余分な脂が出るまでじっくりと揚げたものでそれをトッピングしたもの。
私が幼いころお手伝いにきてくれていた女性が作るラーメンの出汁はこの味であったような気がして懐かしい。
kasuudonのコピー

麦焼酎のお湯割りを数杯。
中に入れる梅干しの化調が強すぎ。これはいけません。

いやぁ〜、食い過ぎた腹一杯。
明日は一所懸命ウォーキングして脂を絞り出すことにしよう。


2015/12/16 志ん朝さんの「船徳」

今日は電車で志ん朝の「船徳」を聞きながら帰ってきた。志ん朝さんの話にでてくる食べ物はどれもこれもうまそうで困る。「船徳」にこんな下りがある。船頭が客待ちの間ゴロゴロしていると「蕎麦屋が『お待ちどぉさま』って、天ぷら蕎麦二つ持って来た。おらぁ誂(あつら)えた覚えがないんだよ。でも、せっかく向こうが持って来たもんだからさ、延びちゃっちゃもったいねぇと思って、そいつを二つペロッとやっちゃった。で、しばらく経ったら隣りのおかみさんの声が聞こえたよ『何してんだろ?蕎麦屋は、遅いねぇ』ってやがんだよ。蕎麦屋が隣りのうちと間違えて持って来たんだね。しょ~がねぇから空んなった丼、隣りのうちの台所開けてソ~ッと置いてきちゃった」。これを志ん朝さんの甲高くて歯切れのイイ東京弁で聞いて、どうしてもてんぷら蕎麦が食べたくなった。大きなエビ天とはいかないが、幸い先週買った小エビが冷蔵庫にある。こいつとネギのぶつ切りでかき揚げを作って、卵をおとして天玉そばにしよう。エビ天のてんぷら蕎麦より見てくれは一段落ちるが、つゆを吸って溶けかかったかき揚げの衣が何ともうまいものである。
494a2484-0ec1-4ed4-adef-cf16b59a7971

飽きもせず弁当作り。
そばのついでに揚げておいた「小エビとネギぶつ切りのかき揚げ」「昨日の残りの煮卵」「肉じゃがのじゃがいも」「日曜に仕込んでおいた豚ロース味噌漬け」「ほうれん草のおひたし」醤油差しにビミサン(天つゆ代わり)、ご飯の上にもみ海苔、そしてプチトマトとパセリ
afd8e9c4-6ed0-48c9-b071-62f9aaac43d3