2016/02/20〜22 札幌・小樽格安ツアー その2

二日目はこの旅行の目玉でもある、ニッカウヰスキー余市蒸留所へ。

4baeb4b6-89c1-42ff-ba2b-6969d94f6344
小樽の朝は雪。

58175203-a836-4f7e-8c79-198ed9e49d93
小樽駅8時7分初の長万部行きに乗る。駅構内にあるサンジェルマンで昨日買っておいたパンが朝飯。

4b068988-c747-4bdd-9f63-4e77d4eea7f5
函館本線 塩谷駅

IMG_1936
8時31分余市着。

IMG_1949
余市蒸留所は、ほぼ駅前と言ってよい。

7e5c35b6-37be-40fd-8faf-2d9f22cb7bf4
アーチ型の門をくぐる。

IMG_1952
9時からのガイド付きツアーを予約しておいたので、少し前に待合室に集合。

IMG_1969
広大な敷地に煉瓦造りの建屋。そのほとんどが貯蔵庫である。

1b2a1283-62a0-4d08-a015-46499998679a (1)

57660a4e-f3c7-47dd-8ecd-acbe8dc20b78
ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝の妻、リタの名を取ったリタハウス。事務所兼研究所として使われていたらしい。国の登録有形文化財

8be887a2-90d9-40e1-99f6-926c09f55c99
旧竹鶴邸

5e2d4d52-f9bc-40fd-baa3-6ea59eb669be
竹鶴政孝。

4bda0d7f-b409-4d7f-b770-5c99b72cd3e0
竹鶴リタ。朝の連ドラつながりで能年ちゃん似です(笑)。

7bf73d14-57b3-4da5-ab10-604e4d1699a6
このように樽に詰められて貯蔵される。

6f48a403-deaa-4efa-8c5a-6b9054a91880

e21ce3f5-ccbc-4371-8910-a4bfe0e50a46

06acc430-9512-4c01-8a1a-8c9a7e2b61ca
いよいよ試飲会場が近づいてまいりました。

b81b7b94-2a33-4c68-bfdc-38b5d2e257ad
第1号のウヰスキー。いくらか減っているのは天使が飲んだ分。

8fa7b514-84a9-4691-bdfa-f24d2e5a79c7
試飲の前に、ガイドさんよりおいしい水割りの作り方講座。ウヰスキー1、水2、氷3個で21回かき回すと美味しくなるそうである。

7118b004-4f09-41f0-9fe9-095174946d23
無料試飲会場到着。余市シングルモルト10年とスーパーニッカ、アップルワインの3種類を各一杯ずつ飲める。

0f03aeea-f3ac-4924-8563-ec5a9c06f5e5
こちらは有料試飲コーナー。「竹鶴21ピュアモルト」と「2000’s余市シングルモルトニッカ」が500円で試飲できて、売店でボトル買いができる。「竹鶴」の方は20,000円オーバーなので断念。「2000’s」6,980円を売店で購入、ん?、、今、このブログを書きながら正確を期するため「2000’s余市シングルモルトニッカ」の価格を調べてみると、、な、な、なんと29,800円(汗)。無料試飲コーナーで連れの分まで飲んでいい気分で売店に行き、値札を見誤ったか?カードで支払ったため気付かなかった。。罷り間違っても晩酌でグビグビ飲むような酒ではないのだ。舐めるようにして楽しむことにしよう。

6da07464-2d21-494c-9d1c-271e020fae1a
蒸留所内にあるレストラン「樽」でお昼

12cb0570-a6b1-4b65-b6a5-d18015b681ea
ウイスキーで喉が乾いたのでビールがうまい。ニッカウヰスキーはアサヒビールグループの一員でもある。

8b112fed-bb13-4557-af69-b64a0b358b44
ラム肉のウイスキーとワインのしゃぶしゃぶ。ウイスキーとワインベースの出汁にラム肉をくぐらせて食べる。

e02e2d34-1825-4fa3-8d8d-97ae91c3f216
リタの故郷スコットランドの料理「スコッチブロス」。大麦と野菜と羊肉を煮込んださらっとしたスープ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。