2016/03/31 アウグスト・ザンダー

満を持して?「INSTAGRAM」にもページを開設しました。
中々良く撮れたのではないか?というものをピックアップしました。
画像サイズにも当然制限があってトリミングも勝手にされてしまいます。
スマホで見た方が画面が小さい分、あらが目立たずきれいです。

https://www.instagram.com/sozaitecho/

先日会社の書棚でたまたま見つけた写真集に20世紀初頭に活躍した肖像写真家アウグスト・ザンダーの作品が何点か収録されていた。彼の作品を見ているとテレビは疎かラジオも電話も普及していなかったこの時代、情報の多くは生身の人間から発信されていたんだなということがよく分かる。眼光の鋭さ、口元の柔和さ、刻まれたシワの深さ、匿名ではない情報を、その人自身の肉体が濃密に洗いざらいに、そして慎ましやかに発していたのである。
仕事を忘れてしばし見とれてしまった。やっぱり写真も絵も、人間、とりわけ人の顔が描かれているものはおもしろい。

↓ニューヨーク近代美術館(MoMA)
http://www.moma.org/collection/artists/5145

「見せかけ、ポーズ、小細工に満ちた甘ったるい写真ほど、私にとって忌まわしいものはありません。このために、私はこの時代の人々の真実を、うそ偽りのない方法で語ることにしたのです<アウグスト・ザンダー>」カッコよろしなぁ。

今のところ、欲しいものリストNo.1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。