2016/04/29〜05/01 越後須原「浦新」

4月29日(金)
連休は新潟に墓参り、長岡に一泊、ついでに須原に一泊。
26bec213-ee82-405c-a0cf-3748455448ff
赤城SAにて連休第一食 水沢うどんの肉汁つけうどん
ひやむぎの細さを第一等とするわたくしはあまりに太くて固いうどんは好まない。このくらいの太さと柔さがちょうど良い。売店でひもかわうどん購入。

46434ae1-c08e-41ac-9967-43237bffe795
墓掃除の前に寺泊まで足を伸ばして、寺泊アメ横で海産物を買って、昼飯にする。
天気が若干荒れ模様のせいかGWにしては人手は少なめ。
1bf657a6-96bc-4b52-9ff8-8b814ba3f003
角上2階「汐の華」で刺身定食1,700円也。
ホウボウ、ブリ、サーモン、甘エビ、イカ。アオサの味噌汁。
津田沼「角上」で刺身を一盛り買ってきて飯を炊いて食べる+手間賃、てな感じ
9b661ca7-4b5b-4312-9a1f-c7700e4f2459
雨の中、墓掃除を済ませ、宿の法華ホテルにチェックイン。風呂に入ってビールを飲んで晩飯の時間を待つ、このホテルは小さめなれど大浴場があるからありがたい。朝飯もうまい。晩飯は、ホテル前にある四川料理「喜京屋 (ききょうや) 」で。どうやら主人はテレビでよく見る陳建一氏の元で修行した人らしい。薄ら寒かったので紹興酒を燗してもらう。まずは前菜から生春巻きを揚げたようなものとホタルいかとアナゴ。

ccc9a803-5b47-4d36-87ac-5a7a25271e16
青唐のしょうゆ漬け、相当に辛い。余ったので包んでもらう。
a310c67c-2cb4-48cc-b8f2-d062c811cde5
小籠包
d7fa5fcc-ff88-4560-b43c-15b0f15537ea
この店の名物、陳建一直伝のしびれる「麻婆豆腐」。
413e6584-408e-4490-bee8-9363e989689e
よだれ鶏、辛いタレがかかった蒸し鶏。
71d0226c-6970-4ce5-a4c7-638d1c5d8af6
蒸しパン。辛い料理の合間にホッとする甘さ。
bcae7cf4-a552-4a69-a7ed-5e06e4c361ed
エビマヨ
1b6a698c-98c1-4a44-b113-b686b658a2fb
シメはラーメン。
71de659f-d59a-4030-bfa7-afd06e4687f6
杏仁豆腐。

4月30日(土)
長岡を出発、越後川口の「あぐりの里」に寄る。ここはいろんなものがあって楽しい。六日町の八海醸造で昼飯、須原まで戻って民宿「浦新」で一泊。
6a20c28d-da2c-4b94-a366-bf45f44d7325
昼 八海山の八海醸造が経営する「長森」でそば。
e6a2c6a6-e1e9-4c93-9e06-ce1c6eabca37
1時間待ちで席に案内される
「ぶっかけそば」1,400円也を注文するが、具が贅沢過ぎて肝心のそばの味が分からなかった。量も多すぎで、ただの盛りそばにすればよかったと深く後悔する。
bd20e4ac-bfea-44dc-a52a-7da294546389
今年は越後須原の「浦新」。重要文化財「目黒邸」隣り。
e61a4349-8a5c-4b5a-ad17-1addeb25d038
一番風呂から上がって、スーパードライ1本と越乃景虎をカップ酒で二杯。玉川酒造にも行ってはみたが16時閉館だったので、駅前のCOOPで玉風味を購入。
d0135ae2-a368-4f5e-a7ab-6fc80ae85524
夕食全景。越乃景虎が一杯サービスで一泊2食付きひとり7,200円也!
71969e3d-89dd-43e7-8a95-615e8fe0db05
山菜天ぷら(コシアブラ、あんにんご)
092545b2-cf8d-41bd-9fda-31cb7afcb371
コゴミのおひたし。いい色だね。
b427b10d-b6dc-4046-8037-cfc798a773fd
木の芽(アケビの蔓)黄身添え。
bdf5745b-ed47-4b1a-9671-0230339a7596
わらび酢の物。おろし生姜のせ。
c8de9512-cd89-4019-9216-10c94253bc56
ウルイの味噌汁。

10e1c499-3baa-4fed-9da8-c96ce0867ce7
山ウドのくるみ和え。
24cc768c-30b5-405e-a4c2-6eca1c01739e
銀ダラ焼

91f770f3-b0cc-4f8e-b1a2-87e8f0f7c82b
牛肉陶板焼
99c2ca42-fb9d-4a60-b6c5-ecad73e0d538
ゼンマイ、姫竹、厚揚げ、ホタテ、こんにゃくの煮物
986e3a50-9694-4cc7-b2db-5fac4a0e6ec1
胡麻豆腐
0355e440-9d3c-4f6b-ace8-c2fc6fd281de
アイス

5月1日(日)
b90ec13e-a795-43d8-9f71-195fdf08053e
千葉に帰って昼飯はコメダ珈琲で名古屋名物「味噌カツサンド」と、

b2381f2c-e3a5-4137-89e0-08492201531a
ピザトーストと、
1dee0e04-10d3-49f3-bbf8-d9a7aaa174e7
ミルクコーヒー。隣にあるのは飲み物を頼むと付いてくるおまけの豆菓子。さすがは名古屋発祥。
01d1f685-0b9f-43f6-81d8-ef8cd8d75214
浦新の女将さんから聞いた店で山菜など購入。小出方面に車で5分ほどの「ものずき村」と小出IC手前のJA北魚沼が運営する「うおぬま 百菜花ん」。車麩は断然長岡の「木宮」である。
1910613f-ff19-4226-88cc-49814f31f700
一晩アクを抜いた山菜を本日料理する。煮物(木宮の車麩、ゼンマイ、姫竹、厚揚げ、干し椎茸、コンニャク、里芋、身欠きニシン)、浦新を真似てウルイと豆腐の味噌汁(アクのせいか少し苦味が出た)、豚バラとキクラゲの卵とじ、山菜しょうゆおこわ(わらび、竹の子、人参、油揚げ、干し椎茸)

5月2日(日)
3cce506a-667c-4f26-87b4-87e6b64e7acb
2日の昼飯。関越の赤城SAで買ったひもかわうどん、ここまで平べったくて幅広でビロビロなひもかわは珍しい。あまりに太いうどんは好まないが平べったくてビロビロなのは好きだ。それと、道の駅「あぐりの里」で買った搗き立て餅をあべかわに、黒蜜は数年前に沖縄で買ってきた黒糖で自作した。


2016/04/29〜05/01 越後須原「浦新」」への3件のフィードバック

  1. 井坂 小雪

    「浦新」は驚愕ですね。品数が多い上に山菜料理のツボを心得てらっしゃる。
    ただ、味に関するコメントが……ない!

    当方この画像にやられてしまい、右往左往しながらも、結局、予定通り、山菜目当てで群馬の民宿に一泊して来ました。
    各部屋ウォシュレット、美味、しかも温泉、帰りに独活とこしあぶらのお土産付きと言う、過去最高の宿に出会ってしまいました。

    蛍の出る頃また行きます。

    返信
    1. sozaitecho 投稿作成者

      やっぱり民宿ですかね。だいたいはずれが無いです。もちろんこの値段で泊まれるので、こちらのハードルが低いということもありますが、それにしても頑張ってます。味についてはこちらの体調やお腹の空き具合もあって、書いても当てにならないと思うので、あんまり書かないことにしました。「うまい」以外言葉を知らないということもあります、、前後の文脈がハッピーな場合は◎ということでご理解ください。「長森」のぶっかけ蕎麦もうまかったけど、二回にわけて食べたいなと思いました。
      民宿で各部屋ウォシュレットというのは珍しいですね。群馬の何と言う民宿ですか?

      返信
  2. 井坂 小雪

    群馬 湯の小屋温泉 「照葉荘」さんです。
    ただ、休前日¥9,720は民宿としては、少しお高めでしょうか。
    もしかしたら、旅館という括りになるのかも知れません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。