2017/10/14〜16 五能線の旅 03

鰺ヶ沢に14:36分着、駅まで迎えにきてもらっていた車で、今回の宿、水軍の宿へ。
ウェルカムドリンクはごぼう茶、なかなか香ばしくておいしいもんである。お茶請けの方は名前を忘れてしまったが、蒸したもち米を焼いたものであろうか?決してまずくはない、穏やかな甘味で好感はもてるのではあるが、これほど印象に残らない茫洋たる食べ物もないかもしれない。

宿に着くと「ワサオ君は見てこられましたか?」「まだなら連れってあげますよ」とのことなので、お言葉に甘えて、車で10分ほどのワサオ君のおうちに連れて行ってもらう。

すでに数名のお客さんがワサオ君と彼のお嫁さんを見に来ていた。ワサオ君の実家は干物屋さんで、見に来たついでに立ち寄る人も多そうなので、ワサオ君こう見えて結構なタレントぶりである。

ワサオ君を見たあと、鰺ヶ沢相撲記念館まで連れて行ってもらい、あとは宿まで歩くことにする。今日は一日電車に乗りっぱなしでほとんど歩いていない。わずか15分の距離だが健康のためである。相撲記念館は鰺ヶ沢出身「技のデパート 舞の海」の記念館である。歴代の取り組みがビデオで流されている。1996年7月場所小錦との一戦で勝利はするものの、体重差200kgの巨体が舞の海の膝上にのしかかり、靭帯断裂、それ以降思うような戦いができなくなってしまったのが年表を見てよく分かった。


関東地方は冷たい雨が降り続いているらしいが、北東北はからりと晴れて実にきもちがいい。


宿に帰って、風呂につかって恒例のウエルカムビールである。この瞬間のために青年は(?)旅に出るのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。