2017/10/14〜16 五能線の旅 04


晩ご飯はロビー横の食事処で。鍋があらかじめセットされていた。珍しい醤油ダシの海鮮鍋である。美味しいよね醤油汁。

白和え


エビの真薯を揚げたものと思われる。

お酒は安東水軍。

最後のご飯のおかずに白菜と豚肉の蒸し物。それぞれ美味しいけど、ベストマッチングではないかな。

最後、ぶどうが出て終了。余計なもので品数を増やすこともなく、量もちょうどよくて良かった。

ご飯のおともオールスターが並ぶ朝ごはん。
特筆すべきは「もずく」。シャキシャキとしていつものモノとは全くの別物である。これは買って帰らねば。

翌日は昨日同様、五能線を更に北上し、終点の弘前に向かう。朝から喉を潤すことは忘れない。

生まれ青森五所川原、はぁ、いっぺん来てみねが、の五所川原

お〜いわ〜きぃやまぁ〜で、手をふぅった〜♪、の岩木山

歩いて弘前城へ向かう。途中、郷土料理の店「菊富士」でお昼にする。私は地元グルメ「いがメンチ定食」。いがメンチとはイカのメンチカツが訛って「いがメンチ」になったのである。


有料ゾーンには工事中でゴタゴタしていたのともったいないから入らずに、遠巻きに見るだけにした。本丸はサキッポしか見れなかったが、染まりかけた木々が美しい。

この日は青森まで出て、ホテルJALシティ青森泊、ホテルの真ん前の「一八寿司」で晩御飯。
ここのもずくもやはり昨日、宿で出たもの同様、シャキシャキである。このもずくはうまいなぁ。

鰺ヶ沢の販売センターでも売っていた青森産タコを塩で、タコは塩でも醤油でもウマイ。

焼き穴子。

お寿司はセットで。中々おいしいお寿司でした。特にマグロが美味しかった。ひょっとして大間のまぐろ?


これは翌日、青森駅前のアウガ新鮮市場で魚を買って、市場内にあるラーメン屋さんで食べた煮干しラーメンとホタテ塩ラーメン、ちょっとしょっぺ。
以上、五能線の旅 完


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。