2018/08/15 パリ・ロンドン 05(帰国)


シテ島の南側セーヌ川左岸のカルチェ・ラタンまで足を伸ばす。ルチェ・ラタンとはラテン語地区という意味らしい。パリ大学の学生街である。ぶらぶら歩いていると「CINEMAS St. ANDRE DES ARTS」という映画館発見。なかなか良い雰囲気である。SALLEはホールという意味。ホール1は「WOMAN AT WAR」、ホール2はベルギー映画「ありのままで」ホール3はイスラエル映画「私が愛したケーキ職人」を上映中であった。

オペラ座前の謎の「F」。何であろうか?


宿の近くのカフェで晩ごはん。ローストチキンと

イカリング、サーモン、ベーコン、ポテトなどで野菜が見えない。上のローストチキンよりカロリーがありそうだが間違いなくサラダである。レストランで一品だけ注文するなら、いろいろ入って味に変化があって楽しいしボリューム満点のサラダはおすすめかもしれない。ビールにもあう。

最終日ギャラリー・ラファイエットというデパート別館の食品館でお土産を購入後、数年前に撤退したが銀座にあったプランタンの総本店。最上階にあるレストランでお昼を食べる。デパートの大食堂である

ステーキと

白身の魚に薄く粉をはたいてバターでソテーし、ワインで蒸し焼きにしたもの。軟骨のような節のある太い骨がある魚である。エイかオヒョウであろうか?ステーキ、魚、ともに特筆すべきところはなかった。

往路でさんざんな目にあったため、帰りの便は通路側の席をとるべく、座席指定ができる24時間ちょうどを待ってシートマップにログインしてみるが、通路側はすでにいっぱいで、やむを得ず非常口に面した2席を確保。

足を伸ばせて快適ではあるが、目の前がギャレーとトイレなので、人の往来が激しく落ち着かないこと甚だしい。しかし誰気兼ね無くトイレに行けるのは何よりであった。

〈おしまい〉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。