2017/10/14〜16 五能線の旅 02

五能線を走るリゾートしらかみは現在「橅(ぶな)」「青池」「くまげら」の3種類で構成されている。今回われわれが乗った車両は「青池」である。

車両も新しく、トイレも清潔である。


五能線の起点となる東能代駅に到着、ここで車両は方向転換する。この列車の指定席はJR東日本のえきねっとで購入したのであるが、リゾートしらかみについてはえきねっとで座席の指定ができないため、会社帰りに東京駅のみどりの窓口に赴いて海側のA・B席をあらためて指定した上で発券してもらっていた。秋田を出た時点でA・B席は進行方向の右側に位置するため「おや?山側では?」と思うのであるが、東能代で方向転換したのちにはじめて海側の席となるわけである。乗客全員ここで180度座席を回転させることになる。


方向転換のためしばらく停車する。駅のホームではフリースローのミニゲームがあったり、バスケットの街を宣言する看板が掲げられていたりする。そうであった、ここ能代はバスケットの強豪あの能代工業高校のお膝元だったのである。

改札を出てKIOSKで生南部サブレを購入。カントリーマアム的なものであった。


千畳敷海岸


東能代を出発して海岸線をしばらく進む。「千畳敷」で観光のため30分ほど停車。短時間ではあるが千畳敷海岸に降りることができる。千畳敷自体は平べったい岩が露出しているだけで、別段どうってことはない。


それよりは、車窓から見える日本海の方が見応えがある。紅葉が進むともっといいだろうなと思う。
因みに下の4枚は、翌日5日に乗車した鰺ヶ沢から弘前までの各駅停車の画像である。
<つづく>


2017/10/14〜16 五能線の旅 01

有給消化日の月曜日を足して、10月14、15、16日と三連休が取れたので、五能線に乗りに出かける。約8時間電車に乗りっぱなしの鉄ちゃん旅行である。

6時32分東京発、はじめての「こまち」秋田新幹線である。盛岡までは新函館北斗行きの東北新幹線に連結され、盛岡からこまちは切り離され、日本海方面に向かう。

朝飯用に浅草ヨシカミのカツサンド購入
浅草ヨシカミのお店でチキンライスとビールもいいけれど、車内で食べるカツサンドもいい。うますぎて申し訳ないス。


10時24分秋田着。お昼用にまた駅弁とビール購入。二食続けて駅弁であるが、当方大の駅弁好き故、大歓迎である。秋田駅で10時38分発の弘前行きリゾートしらかみ3号に乗り換える。

こちらは個室。

われわれはこちらの普通席。

駅弁はツレが「日本海 海三昧」私は「比内地鶏の鶏めし」。
鶏の醤油ダレで炊いたと思わるご飯と、そぼろ、炒り卵、ご飯の上に乗っている鶏は下味をつけて蒸したもの。おかず部は、花びら型のかまぼこ、ナス味噌とがんもどき、ゴボウの煮物、漬物、うす緑は生麩と思われる。甘辛さ加減もいいね。ビールが進む。
<つづく>